「乙女の祈り」初級編を演奏~ピアノ初心者の練習日記

「乙女の祈り」初級編をピアノ演奏しました。

(独学ピアノ練習40日目~44日目の練習日記)

「乙女の祈り」初級編の演奏動画

「30日でマスターするピアノ教本」に付いていた特典を実践
ピアノをはじめて44日目

「乙女の祈り」を弾いてみました

メロディーが美しくて、弾いて気持ちが良い曲です。

練習も全く苦にならず、楽しく演奏できました!

 

ピアノ教材の特典を実践~独学ピアノ練習40日目~44日目

「30日でマスターするピアノ教本」特典「乙女の祈り」

大人の初心者向けピアノ教材「30日でマスターするピアノ教本&DVD 第1・2・3弾セット」に付いていた特典を実践しています。

※教材の特典内容は時期によって変わりますので、購入を検討している方はご注意ください。
「30日でマスターするピアノ教本」を購入しても、「乙女の祈り」の特典が付かない場合があります。

 

「乙女の祈り」練習日記
(ピアノをはじめて40日目~)

「乙女の祈り」パート1

2017年10月26日 ピアノ練習40日目の実践日記

【時間60分】

「乙女の祈り」を練習します。

特典CDに海野先生の見本の演奏と音声解説が収録されているので、まずは見本の演奏を聴きました。

曲名まで知りませんでしたが、なじみのある曲です。

オルゴールで聞いたことがあるかもしれません。

かなり難しそうな曲ですが、きれいなメロディーで「絶対に弾けるようになりたい」と一気にモチベーションがあがりました。

海野先生の音声解説を一通りきいてから、実践練習しました。

前奏から右手も左手も1オクターブの音を、それぞれ弾くので大変です。

両手を目一杯ひろげて、親指と小指を1オクターブ分ひろげて鍵盤を押していきます。

「タラララン」という和音のところは、ハープを奏でるイメージで弾きます。

前奏の和音もメロディーも音階の幅が広くて、指を目一杯ひろげる必要があるので苦戦しました。

3連符は1拍の中に音が3つ入っていることをあらわしますが、まずは3連符のリズムに慣れる必要があります。

「手を叩きながらリズムを体で覚えるのが良い」という海野先生の解説を思い出しました。

かなりスピードを落として、ひとつひとつ音を確認するように練習しましたが、まだ納得の出来ではありません。

ピアノ初心者の私にとって、「乙女の祈り」は指使いもリズムも含めて難易度が高い曲ですので、慣れるのに時間がかかりそうです。

「乙女の祈り」パート2

2017年10月27日 ピアノ練習41日目の実践日記

【時間120分】

「乙女の祈り」を最後まで一通り練習しました。

難しいので、よく失敗します。

指使いに慣れるために何度も繰り返しましたが、美しい曲で弾いて心地良いので、失敗しても楽しく演奏できます。

前奏の和音は音階の幅が広いので、鍵盤の位置をひとつひとつ確認しながら演奏していますが、綺麗な音色で気持ち良いです。

ペダル記号がありますが重くならないように、ふわっと軽く弾くように心がけました。

メロディーラインの3連符は、前回よりだいぶ慣れて弾けるようになりました。

ミスをしたところは指の動きを部分的に練習したので、その成果が出たと思います。

トリルという記号がありますが、「ソラソラソラ」と指を動かして弾いて心地よいです。

ただしメロディーラインが主役でトリルはあくまで飾りの記号ですから、やりすぎに注意しなければいけません。

スピードはゆっくりですが、前半部分は昨日と比べればずいぶん成長を実感できました。

ピアノ練習42日目の実践日記

2017年10月28日【時間120分】

今日も「乙女の祈り」を練習します。

あいかわらず失敗しますが、大好きな曲なので練習が楽しいです。

曲の中盤は右手もへ音記号になるので、両手の位置がかなり近くなります。

そして、1拍の中に5つの音が入る5連符が出てきます。

ここは指使いを体で覚えるように意識して練習しました。

5連符はあわてずに、落ち着いて弾くと上手に演奏できます。

前半の高い音のメロディーも良いですが、中盤の低い音も気に入っています。

曲のリズムも大分慣れてきたので、ペダルや音の強弱記号など、指使い以外のことも意識して練習しました。

ピアノ練習43日目の実践日記

2017年10月29日【時間120分】

「乙女の祈り」を最初から最後まで繰り返しました。

指使いは後半に失敗することが多いので、特に後半を集中的に練習しました。

指使いで失敗する原因は、「乙女の祈り」の音階の広さに指が正確に動いてくれないことです。

1オクターブ以上離れた鍵盤を押す必要があるので、指を正確に動かせずに、間違えて別の音を弾いてしまうこともあります。

最近は毎日弾いているので、音階の幅がひろい「乙女の祈り」に慣れてきましたが、まだ練習が必要です。

指使い以外にも、クレシェンド、デクレシェンドなどの音の強弱記号も多いので意識しなければいけません。

どうしてもミスが多くなりますが、メロディーが美しいので練習が楽しいです。

好きな曲に挑戦することが、ピアノの練習のモチベーションを高める一番の方法だと思います。

ピアノ練習44日目の実践日記

2017年10月30日【時間120分】

今日は「乙女の祈り」を仕上げるつもりで練習しました。

失敗するところは大体同じところですので、その部分だけ何度も繰り返して正確な指使いを体で覚えます。

最初は難しいと感じた曲でしたが、繰り返し練習して慣れると、スムーズに弾けるようになりました。

 
「乙女の祈り」初級編~演奏動画
実際に弾いてみました!

「乙女の祈り」は弾いていて、癒されるような美しい曲です。

メロディーが心地良いので、練習も嫌にならず継続できました。

一通り弾けるようになって今日で区切りをつけましたが、気分転換にこれからも演奏したい曲です。

60歳でも始められる?ピアノ教材

ゼロからピアノを独学で始める人向けピアノ教本DVD

楽譜も読めない初心者向け!
ピアニスト海野真理先生のレッスン