バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」ヘス編を演奏~独学ピアノ練習雑記

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」(マイラ・ヘス編曲)をピアノで弾いてみました。

(独学ピアノ練習3年7ヶ月目)

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」マイラ・ヘス編の演奏動画

ピアノをはじめて3年7ヶ月目
バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」をピアノで弾いてみました

弾いていて癒される曲です。

右手の和音の指使いに余裕がなく、キレイな音を出すこと、表現が難しいです。

ミスがありますが、気持ち良く弾けました。

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」マイラ・ヘス編曲のピアノ楽譜

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」の楽譜を、amazonで買いました。(550円)

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」マイラ・ヘス編曲のピアノ楽譜

使用楽譜:ピアノピース278「主よ、人の望みの喜びよ/バッハ(マイラ・ヘス編曲)」
(全音ピアノピース)

独学ピアノ練習3年7ヶ月目雑記

2021年4月(ピアノをはじめて3年7ヶ月目)

バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」に挑戦しました。

色々なアレンジがありますが、マイラ・ヘス編曲の楽譜(全音ピアノピース)を購入しました。

マイラ・ヘス版は低音が特徴的で、YouTubeで聴いて気に入ったのがキッカケです。

ちなみに全音ピアノピースの「主よ、人の望みの喜びよ」の難易度は、Eランク(上級)です。

 

いつものように、楽譜に指番号をメモ書きして、少しずつ練習しました。

この曲が難しいのは、右手の和音が連続して続くことです。

キレイな音を出すには、一音一音意識して打鍵する必要がありますが、和音の指使いに余裕がなく、注意が行き届きません。

YouTubeで上手な人の演奏を聴くと、細かいところまで意識が行き届いていて、本当にキレイな音です。
(ド素人の私の場合、キレイな音を出す云々の前に、指使いで苦戦するわけですが…)

 

練習を進めると、弾き方でわからない所があったので、YouTubeの演奏動画を参考にして解決しました。

楽譜でわかりづらい所が結構ありますが、YouTubeのスロー再生機能(再生速度変更)を使えば、お手本にしている演奏動画の弾き方をバッチリ確認できます。

ある程度、指使いができるようになると、次に表現について考えるわけですが、上手な人の演奏と自分の演奏を比べると、やはり全然違います。

何が違うのか、どうやったら近づけるのか考えましたが、その答えは結局わからずじまいです。

その一方で、お手本の演奏とは違う個性を出せたら、試行錯誤すること自体に意義があるかもしれません。

 

あと、ミスタッチなく弾くのが難しかったです。

いつも同じ所をミスするなら、そのパートを反復練習すれば解決できますが、ミスする所がバラバラで安定しません。
(こうなると集中力の問題かもしれません…)

色々難しいところがあって満足の演奏とまでいきませんが、好きな曲なので楽しく練習できました。

「上手な人の演奏を聴くこと(聴き込み)」と「練習を続けること(弾き込み)」で改善できる部分はありますので、今後も続けたいと思います。

60歳でも始められる?ピアノ教材

ゼロからピアノを独学で始める人向けピアノ教本DVD

楽譜も読めない初心者向け!
ピアニスト海野真理先生のレッスン