「渚のアデリーヌ」上級編を演奏~独学ピアノ練習雑記

リチャード・クレイダーマン「渚のアデリーヌ」上級編をピアノで弾いてみました。

(独学ピアノ練習2年11ヶ月目)

「渚のアデリーヌ」上級編の演奏動画

ピアノをはじめて2年11ヶ月目
「渚のアデリーヌ」上級編をピアノで弾いてみました

ピアノをはじめた初期に、初級の「渚のアデリーヌ」を弾きましたが、今回は上級に挑戦!

好きな曲なので、難易度が上がっても楽しく練習できました。

部分的に難しいところがあって、キレイに弾けていませんが、現状の実力で満足しています。

リチャード・クレイダーマン「渚のアデリーヌ」ピアノ楽譜

「渚のアデリーヌ」上級の楽譜(月刊ピアノ2017年2月号)

楽譜は月刊ピアノ 2017年2月号を使用しました。
「渚のアデリーヌ」は上級アレンジで収録されています。

※中間以降のサビで、左手のパートを変更して演奏しています。
(自分の好みで変更しました)

使用楽譜:月刊ピアノ 2017年2月号

「渚のアデリーヌ」楽譜の難易度は上級

独学ピアノ練習2年11ヶ月目雑記

2020年8月(ピアノをはじめて2年11ヶ月目)

リチャード・クレイダーマンの「渚のアデリーヌ」は大好きな曲です。

好きな曲なら難易度が高くても練習が苦になりませんので、上級に挑戦しました。

渚のアデリーヌの楽譜は、色々な種類がありますが、YouTubeでこの曲を弾いている人の動画を参考にして楽譜を決めました。

月刊ピアノ2017年2月号を買いましたが、サビの部分は別のアレンジの方が良かったので、サビの左手のパートを変更しました。

左手を連打する形にして、メリハリがついたと思います。

 

楽譜自体、上級ということで、中級のものより音が少し多いです。

難しいところは決まってますので、その部分を中心に反復練習しました。

私の手は大きくありませんので、指が届かなくて苦戦した所があります。

色々考えましたが、いまだに解決策がわかりません。

鍵盤の手前を意識したり、腕の使い方を変えたり試行錯誤しましたが、正解にたどり着けなかったです。

そんな感じで、キレイに弾けていない部分もありますが、現状の自分の力では満足しています。

 

この曲に限ったことではありませんが、やっぱり表現力が大事です。

自分の演奏の録画をみて気づいたことですが、ミスしないように意識しすぎると、演奏が淡白になって、音楽性が乏しくなります。

ノーミスで弾こうとすると緊張するので、演奏を楽しむ位の方が、多少ミスしても出来は良い気がしました。

私の場合、趣味でピアノを独学で楽しんでますが、もし発表会で演奏することになったら、相当緊張してミスしまくると思います。

現状、人前で演奏する予定もなく、ゆるく楽しく、これからもピアノを続けていければ申し分ありません。

60歳でも始められる?ピアノ教材

ゼロからピアノを独学で始める人向けピアノ教本DVD

楽譜も読めない初心者向け!
ピアニスト海野真理先生のレッスン